現役開成生の起業家、藤原遥人さんへのインタビュー③

その他
2021年9月28日
現役開成生の起業家、藤原遥人さんへのインタビュー③

ばってんです ♨️
 
普段、自分が通っている高校の人たちとはよく話すと思いますが、他の地域の高校の人とじっくり話す機会ってなかなかありませんよね。「他の高校の人たちってどんなこと考えているんだろう...」というのは、誰しも一度は思うことでもあります。
 
そこで今回は、開成高校に通いながら、ゼロから起業して「寺子屋ISHIZUE」という塾を経営している藤原遥人さんに、寺子屋ISHIZUEとはどんな塾なのか、起業のきっかけや想い、進路や日々の勉強方法についてじっくりとインタビューしました!開成高校は、東大王の伊沢くんの母校としても有名ですね。
 
内容が盛りだくさんすぎて、1つの記事に収まらず、4部構成になっています。視野を広げてくれる内容ばかりで、高校生時代の自分に読ませてあげたいです。

今回は第3弾で、進路の予定、普段の勉強での意識、勉強へのYouTubeの活用法などについて深く掘り下げて聞いていきます!

勉強の休憩時間に是非読んでみて、日々のモチベーションアップにつなげてもらえたら嬉しいです。

(インタビューに答えて下さっている遥人さん)


前回の記事では、藤原遥人さんの意思決定の軸や、起業して感じたことなどに焦点を当てて聞いていきました。ここでは、okedouやokkeも使ってくれているという遥人さんに、進路や勉強面について聞いてみました!

進路の目標

開成高校といえば東大を目指すというイメージがありますが、どう考えていますか?

起業して思うのは、そもそも知識が無いと「これをやろう」というアイデアが思いつかないんですよね。課題に対する解像度が低くなって、何が問題なのか、どうしたら解決できるかが何もわからないと。
 
だから勉強はしないといけないし、内容は高度であればあるほど良いと思っています。その意味では、東京大学に行くと日本最高峰のインプットができると考えています。受験勉強も、もちろん自分が将来出来ることの幅を広げるためのインプットになっていますが、大学や大学院のレベルの勉強まで知っていた方が物の見え方が違ってくるはずですし、その知識のインプットを使ってアウトプットを最大化するのが「仕事」だと考えています。
 
ただ、大学という場所に行く意味を自分なりに考えたときに、学ぶ内容自体は、今となっては動画や本を使って自分で身に付けられるなと感じていて、学ぶものよりも、人脈や雰囲気といった環境面や、自分の中での価値観の変化に、大学に行く本質があるのではないかと考えるようになりました。そう考えたときに開成高校はすごく恵まれていて、東大に行って得られるはずのものが、今の時点でかなり得られているのではないかと思っています。だとすると、東大で4年間過ごすよりは、アメリカの大学に進んで、いろんな国に行って見たこともない環境で過ごした方が4年間が有意義になるのではないかと信じています。

大学に行く意味を自分で考えていらっしゃるのがさすがです。具体的に準備し始めていますか?

今は、ハーバード大学や、UCLA、MITに進んだ方などにzoomでお話を伺ったりして、だんだん目標が明確になってきました。「海外大学に進む」というと周りに特別視されてしまうのですが、普通の選択肢の一つになればいいのになと思います。

寺子屋ISHIZUE

(遥人さんの寺子屋ISHIZUEは、前々回の記事でチェック!)


普段の勉強

勉強するときは、どんな意識を持っていますか?

「自分の中で腑におちて理解するまで絶対に諦めない」ということは決めています。わからないことがあれば、調べるか、色々考えます。数学の問題を解いていると、時々1ページを理解するのに時間かかったりしますね...。これは高校受験のときから変わりません。

わからないことを調べるときは、YouTubeで検索したりしますか?

めちゃくちゃ使いますね、各教科で使っています。倍速再生や巻き戻しができるのがメリットで、またYouTuberの方も登録者数伸ばすために凄くクオリティの高い動画を作られているので使わない手はないですね。先生に聞く前に動画で解決してしまうこともよくあります。例えば数学であれば、チャートレベルの問題だと必ず解説動画がある印象です。社会だと、有名ですがムンディ先生の動画をよく見ます。以前ムンディ先生本人ともお話させていただきましたが、ムンディ先生は公立高校の社会の先生で、授業が人気すぎて他のクラスや赴任前の高校の生徒にYouTubeへの投稿をリクエストされたのがきっかけで始めたそうです。
 
YouTubeは勉強で分からないことだけに使うのではなく、ピースの又吉さんが出さしている、学校の先生がやらないような国語文章の読み方を学んだり、TEDの動画や映画の予告で英語のリスニングを鍛えたり、興味本位で相対性理論やフェルマーの最終定理を中高生にもわかるように解説してくれる動画を見たり、といったような興味関心に沿った使い方もします。
 
コンテンツもたくさんありますし、自分自身、本や新聞の様な視覚情報で学ぶのが苦手で、逆に動画で耳から学べるスタイルはすごく合っていて、そういった個別の学びニーズに答えられるのが良いところですよね。

YouTubeで学ぶデメリットはどこにありますか?

わかりやすいが故に、動画を見て全てわかった気になってしまう危険性はあるかもしれません。分からない所をピンポイントにわかりやすく学べるところは良いのですが、実はもっと根本から理解できていない可能性があります。英語や国語は自分でどんどん動画で学んでいけると思いますが、基本からの積み上げが大事な数学については、学校や塾の授業を受けながら使った方が良いかもしれません。
 
あとはやっぱり他の面白系のチャンネルの誘惑と闘うのが大変ですね。笑  なので、自分はokedouも使っています。

おお、ありがとうございます!okedouやokkeのオススメの使い方はありますか?

まずは英語のリスニングですね。リスニングの単元から動画を探せるので、1日1回絶対に聞くと決めて、毎日ネイティブの英語を聞くのがオススメです。リスニングって、聞き取れなかったら勉強していて辛いんですよね...。なのでYouTubeだとすぐ日本語の楽しいチャンネルに逃げてしまいがちのですが、okkeのアプリだと集中できます。
 
「ここがわからない」というピンポイント検索にも便利ですし、単元やレベルで動画を絞り込めるので、定期テスト前に試験範囲の演習動画を見て、知識をチェックするのも良いと思います。
 
YouTubeだと誘惑に流されてしまう方は、YouTubeアプリ消してしまって、YouTube開く感覚でokkeを見るようにしましょ笑

(寺子屋ISHIZUE、講師募集中とのことです!)


いかがでしたか?

進路の予定、普段の勉強での意識、YouTubeの活用法などについて詳しくお聞きしました!大学に行く意味を考えた上で進路の予定を立てられていて、読んで下さった高校生の方には、大きな刺激になったのではないでしょうか。「理由」をしっかり考えて勉強することで、モチベーションがどんどん上がります。
 
寺子屋ISHIZUEは高校生講師を募集中とのことなので、高校生の方でもし共感する方がいらっしゃったら、講師として応募してみてはいかがでしょうか?受験勉強とはまた違った、大学生・社会人になっても役に立つ学びができますよ。ちなみに、次回の記事ではISHIZUEが求める講師像について詳しく聞いているので、そちらも是非見てみてください。
(連絡先はこちらのインスタグラムのアカウント
 
次回はついに最終回です。寺子屋ISHIZUEの今後のビジョン、求める講師像、中学生へのメッセージに焦点を当てて話を伺おうと思います。記事はこちらのリンクから読むことができます!
 
読んでいただき、ありがとうございました〜。

この記事の著者

profile-img
ぶおとこばってん

ラ・サール中高→東大理1→計数工学科(数理情報)→UCLA院卒 社会を人から変える会社 SpesDen の CEO YouTube上で、高校数学をじっくりコトコト深く解説中 頭があったまる記事を書いていきます ♨️

okedou URL

新着記事


忙しい人はこれを見よ!学年別オススメ新着動画(10月26日)
アプリ
2021年10月26日
サムネイル画像

数学×14本、英語×4本、物理×2本、化学×1本、世界史×2本をokedouで紹介しました!好きな動画で学びましょう!

SpesDen
SpesDen
要約力~高校生のうちに身に着けておきたいこと~
国語
2021年10月26日
サムネイル画像

この記事では「要約力」の大切さについて説明したいと思います。 現代文等でよく問われる要約の問題が実は大学生以降とても重要になってくるのです。

しょーい
しょーい
中里ゼミ 〜上智大学経済学科ゼミ紹介〜
その他
2021年10月26日
サムネイル画像

大学ではマクロ経済学などの講義を担当し、統計データをもとに日本経済を理解していく中里透先生のゼミを紹介していきます!

しりょかわ
しりょかわ
忙しい人はこれを見よ!学年別オススメ新着動画(10月25日)
アプリ
2021年10月25日
サムネイル画像

数学×9本、英語×20本、国語×2本、物理×2本、化学×1本、日本史×1本、公民×1本をokedouで紹介しました!

SpesDen
SpesDen
この時期の受験生に伝えたいこと
体験記
2021年10月25日
サムネイル画像

この記事では、数か月後大学入試に挑む高校三年生、また、来年度以降大学受験を迎える高校二年生以下に向けたアドバイス記事となっています。

しょーい
しょーい

便利ツール


okke

okenaviも見られる勉強アプリの新定番!

AppStoreからダウンロードGoogle Play で手に入れよう
okedou

高校生のための授業動画検索システム

okedic

本当に知りたいことがわかる辞書システム