高校生の勉強のなんでも検索アプリ オッケ

行動経済学はなんで生まれた? 〜大学の経済学の紹介〜

その他
2021年12月14日
行動経済学はなんで生まれた? 〜大学の経済学の紹介〜

こんにちは、しりょかわです〜

上智大学には経団連と連携した授業があり、その授業では上場企業で働く方が講師として大学にきて、その企業の現状や課題を説明してくれます。

僕もその授業を受講していて、つい先日住友生命の方が来てくださりました。
授業自体は住友生命が抱える課題などをよく学べて面白かったのですが、授業の中の雑談の中で講師の方がこんなことを言っておりました。

「住友生命の中年のおじさんは案外いけてる!お腹が出てない!」

確かに講師の方はシュッとして爽やかな50歳くらいの方でした。
みなさんのお父さんのお腹はどうですか?
40~50代になるとお腹がぽっこりしている方が多いのではないでしょうか?

ただ住友生命の社員の方は案外シュッとしたいけてるおじさんが多いらしいです。
これには理由があって、みなさんは住友生命が導入しているサービスを知っているでしょうか?

ズバリ!行動経済学を基に作られたVitality(バイタリティ)です!

Vitalityは行動経済学のナッジという考えを基に作られていて、Vitalityに加入している住友生命の社員の方々はナッジによって日々健康的な生活を心がけるようになっているそうです。
(住友生命のイケてるおじさんやVitalityをおすすめする記事ではありません)

このように、今の時代行動経済学はあらゆるところで使われています。
保険商品だったり、公共政策だったり、マーケティングだったりそれはもういろんなところでです。
しかし、行動経済学という言葉は聞いたことがあっても、自分から勉強しないとあまり馴染みのない学問かと思います。

また、上智大学には行動経済学の授業はありません。
なので、僕もそんなに深く勉強したことがないんです😱

そこで数回にわたって行動経済学への理解を一緒に深めていけたらなと考えています!

今回は行動経済学が生まれた背景を紹介していきます!

行動経済学はなんで生まれたの?

まず行動経済学とは?という問に対して答えていきます。

行動経済学とは人間行動に配慮しながら経済現象を読み解こうとする学問だといえます。

では、普通の経済学では人間行動に配慮していなかったのかと聞かれるとおそらく答えはYESです。

一般的な経済学では、合理的な個人を想定していると言われています。
みなさんは自分が合理的な人間だと思いますか?
実際のところは、みなさん非合理的な側面もあるかと思います。

例えば、みなさん1円でも多くお金をもらえると嬉しいですよね。
お金を多くもらえれば何か欲しいものが買えるでしょうし、1円でも多くお金を欲しがる人間を合理的などします。
しかし、それが合理的だとしてもなかなか人間は合理的な行動は取りません。

人間が二人AさんとBさんがいます。
そして、AさんとBさんで10万円を分けようということになります。しかし、分け方が特殊でAさんが配分を提案してその提案をBさんが承諾すればその配分でお金が配分されます。ただ、もしAさんの提案をBさんが却下した場合配分は実現されず両者ともにお金をもらえません。

直感的におそらく半分半分の提案をした場合提案が承諾されて配分が実現されます。

しかし、合理的な個人を想定した場合はどうなるでしょう?
AさんはBさんを合理的な個人だと想定します。
合理的な個人ならばBさんは1円でも多くお金をもらうことができれば満足度が高くなるわけです。
Aさんは自分の満足度を高くすることを優先的に考えます。そうすると出てくる配分は(99999:1)となりますよね。
Bさんも合理的ならばそれで承諾するはずです。なぜなら、その提案を却下すれば1円ももらえないからです。
1円と0円の場合では明らかに1円をもらったほうが満足度が高くなるわけですよね。
(1円じゃ何もで機内というツッコミがあるかもですが、1円じゃなくてりんご一つだったりiphone1台で考えてもらっても大丈夫です)

しかし、現実の実験では(99999:1)のような極端な配分、どちらかが多くもらう配分では配分が実現しなかったそうです。

このことからも人間は合理的ではないということがわかります。

こういった人間の非合理的な行動の側面の他にも、人間の様々な心理を考慮しながら経済現象を考えたほうがいいよね、ということで行動経済学が誕生しました!

行動経済学の誕生の背景はよくわかったでしょうか?
次回は今回も少し触れたナッジについて紹介できればと思います!
最後まで読んでいただきありがとうございます!


この記事の著者

profile-img
しりょかわ

James E. Taylor High School→上智大学経済学部経済学科 上智大学学業優秀賞 英語、経済学、大学関連の記事を書いていければと思います!

新着記事


忙しい人はこれを見よ!学年別オススメ新着動画(1月16日)
アプリ
2022年1月16日
サムネイル画像

数学×20本、英語×9本、国語×1本、物理×2本、化学×1本をokedouで紹介しました!共通テストお疲れ様でした!

SpesDen
SpesDen
絶対悲しませない共通テスト2022感想まとめ【理科】
その他
2022年1月16日
サムネイル画像

今年ついに2回目を迎える共通テスト。2022年の最後を飾る理科から、受験生などの感想を「誰も悲しませない内容で」まとめていきます!

バン
バン
解答速報!!共通テスト2022【数学2B】
数学
2022年1月16日
サムネイル画像

受験生の方は長丁場お疲れさまでした!解答が気になってしょうがない方向けの、共通テスト2022・数学2Bの解答速報です!

ぶおとこばってん
ぶおとこばってん
絶対悲しませない共通テスト2022感想まとめ【数学】
その他
2022年1月16日
サムネイル画像

今年ついに2回目を迎える共通テスト。2022年の数学について、受験生などの感想を「誰も悲しませない内容で」まとめていきます!

バン
バン
解答速報!!共通テスト2022【数学1A】
数学
2022年1月16日
サムネイル画像

受験生の方は長丁場お疲れさまでした!解答が気になってしょうがない方向けの、共通テスト2022・数学1Aの解答速報です!

ぶおとこばってん
ぶおとこばってん

便利ツール


okedou

高校生のための授業動画検索システム

okedic

本当に知りたいことがわかる辞書システム